京都にて初開催!400年以上の歴史を持つ家系の町屋で、和と欧が融合したバロックワルツ会。

8月25日(木)、EXPCダンス部が京都で初めてのダンス会を開催いたしました。会場は400年もの歴史をお持ちの家系の町屋。17代目のご主人が案内してくれた「和」の会場で、九州や大阪から集まったメンバーが「欧」のタキシードやロングドレスを纏い、バロック時代のワルツを愉しみました。

ワルツは、現代でも王室の結婚式や社交界デビューのデビュタントなど、正式な場で踊られる王道のダンスです。EXPCメンバーは、モナコを中心としてヨーロッパや東欧の王室の方や王家の家系の方と社交の場をご一緒することがあります。それ故、ダンス部ではステップを踏むだけではなく、あらゆる「最高の舞台」で堂々と美しくダンスを踊れる自分になる必要があります。

次回はバロック時代のコーデで、バロック時代のワルツを愉しむ予定です。

ドレスコードや仲間との会話、そして、エスコートを愉しみながら、ワルツを踊りましょう!



EXPLORERS CLUB を運営するデスクチームです。自分たちも含め、クラブメンバー全員の人生を愉しむ姿を、事実に基づく的確な表現で100%伝えきれるように頑張ります!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です