【祝!完走】EXPCにストロングマン誕生!

EXPLORERS CLUB (以下、EXPC)から、「ストロングマン」が誕生しました。
今年で33回目を迎える全日本トライアスロン宮古島大会が2017年4月23日(日)に開催され、EXPCトライアスロンチームの武恒宏さんが出場。制限時間内の“13:23:12”のタイムで見事完走し、「ストロングマン」の称号を手に入れました。

トライアスロン宮古島大会は美しい宮古島の海や自然の中をレースできる国内で最も人気のある大会で、スイム3km、バイク157km、ラン42,195kmのロングディスタンスを戦います。白い砂浜と東洋一のエメラルドグリーンの海が広がる与那覇前浜ビーチをスイムでスタートし、バイクは海風の強い宮古島を約1周半、最後のランでは小刻みな起伏のある島の中央部を往復します。

第33回大会となる今年は、海外からの出場を含む、国内外から1,660人の選手がエントリーし、日中は気温も上がる中、熱い戦いが繰り広げられました。

EXPCには、「パーソナルチャレンジ」という自分のチャレンジを宣言して活動するチームがあり、今回はその「パーソナルチャレンジ」からの出場となりました。

武恒宏さんは、2016年8月のトライアスロン珠洲、そのわずか3ヶ月後の2016年11月の中土佐タッチエコトライアスロンをそれぞれ完走し、今回の宮古島大会へと照準を合わせてきました。

ストロングマンとなった今夏は、7月にフランス・ニースにて開催されるトライアスロン大会「アイアンマン・フランス」に出場する予定です。また、同大会には EXPC から武恒宏さん他4名がチャレンジすることになっています。

皆さま、応援をよろしくお願いします!



自分の冒険も仲間の冒険も、ウェブサイトを見に来てくれる人に伝わるように表現します!一人では見れない景色を、一緒に見よう!!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です