エクスプローラーズクラブ
エクスプローラーズクラブ
Slider

【11月4日】KATO氏 大阪講演会「あなたの人生の規模感を圧倒的に大きくするための、たった一つの考え方」

モナコ在住の冒険家であり、EXPLORERS CLUB創設者・KATO氏の来日に合わせて、同氏の生まれ故郷 大阪で講演会を開催いたします。

今回のテーマは、「あなたの人生の規模感を圧倒的に大きくするための、たった一つの考え方」についてです。

人生は決められた道を歩むのみ、という日本人特有の人生観。貴方はご自身の人生の規模ってどのくらいか考えたことはありますか?

結婚して、持ち家を購入し、子どもを育てて、会社で出世して役職が上がり、退職までひたすら働き、定年後は”第二の人生”という余生を楽しむ生き方。

もしくは、起業して経営者としての道を歩み、売上・利益の拡大、組織の拡大に取り組み、企業継続のためにひたすら邁進して、社会貢献をして、事業承継後も安心することなく後継者育成に取り組み、常に走り回るビジネス中心の生き方。

かたや、世界中の富裕層が住むモナコで、ビリオネアとして生き、お金がお金を生む投資先を持ち、海沿いのヴィラに住み、160フィート(50m)級のクルーザーを持ち、ロールスロイスに乗り、舞踏会やパーティーを日常として、常に愛情ベースで生きる人たち。

この人生の規模感は圧倒的に違う訳ですが、どちらを望むかは貴方の自由です。

もし、後者の人生を手に入れるための考え方を聞くことができるなら、ぜひお聞きになりませんか?

たったの2時間で貴方の人生の規模はとてつもなく大きくなるかもしれません。

<詳細>

日程:2018年 11月4日(日)
時間: 講演会 18:30〜21:00(開場18:00)
場所: 梅田スカイビル22階 [MAP]
参加費: 5,000円(税込)

講演会お申し込みはこちら

<講演者プロフィール>

KATO(EXPLORERS CLUB 創設者)

現在47歳にしてモナコ公国在住の日本人富豪であり、EXPLORERS CLUB(エクスプローラーズ クラブ)の仲間とともに、モナコでNo.1を目指して人生の修行中。ディンギーヨットでドーバー海峡を横断するなどの「冒険」の他、モナコで人生を謳歌している異次元の成功者たちの世界にど真ん中から突き進むための「冒険」をしている。

ビジネスとしては、古城売買やヴィンテージカー投資などを行う一方、インテリアコーディネート、ドレスデザイン、オーケストラ指揮者、ラリードライバー、画家、などアーティストとしても活動している。日本では、270名を超えるメンバーが在籍するヨットチームのオーナーであり、会員制のラグジュアリー宿泊施設運営やアパレル販売などを行う。趣味は、頑張った仲間が素晴らしい成果を上げた瞬間を見ること。最近では、EXPLORERS CLUBで結成した「ウルトラビッグバンドオーケストラ」によるモナコ公国「オテル・ド・パリ公演」「エルミタージュホテル公演」を異次元の成功者たちの目の前で成功させた。

KATO氏と出会った人たちの声

越川 健治さん(40代 創業経営者)
2017年10月にKATO氏に出会う前は、9年前に起業してガムシャラに働いて来たので仕事で成功することだけが、人生の目標としてきました。仕事して寝て、飲みに行ってという日々。しかしKATO氏に出会い、フランスで盛んなスポーツのペタンクや、歴史的価値のあるヒストリックカーに乗ってのピースラリー、モナコ公国で行われるガラパーティなど、様々な活動をするうちに、仕事だけでは駄目なんだと気付かされました。

今は、赤坂のアンティークな部屋に引っ越し、1958年製のクラシックカーを買い、オールドヴィンテージのワインを愉しみ、仲間と未来を語り、人生を愉しむ日々を過ごしています。

仕事も、もちろん大成功したい。だけど、人生も大成功したい。仕事と人生を愉しむ成功は、一見、相容れないものに見えますが、実は相乗効果があります。人生を愉しむ人が、仕事も愉しみ成功するのですから。

あれも、これも、朧げに「やりたいな〜」と思っていたが自分とは世界が違うと感じていたこと、これから湧いて来る想像すらし無かったこと、欲しい物事の全てを手に入れたい。そして、仲間を上に引き上げながら、自らも上だけを目指す。全ての可能性を無限に広げたい。今は、そう思っています。

楠田 佳世さん(40代 絵画講師)
KATO氏に出会って、お化粧もおしゃれも縁遠く、ぶくぶくと太ってしまっていた私は、ローマで開催される(イタリアのプリンスも同席される!!)ラザロ騎士団のガラパーティに招待していただくことが決まってから、ダイエットに真剣に取り組みました。今まで何もしていなかった髪とお肌の手入れもしました。

そして約20キロのダイエットに成功しました(どんだけ太ってたんだ!!)

女性に生まれたのに、私、女性らしく美しくしていたことがない!このままじゃ死ねない!(笑)今からでも遅くない、美しくなってやる!そういう気持ちでした。若くて美しい人はたくさんいます。正直、20~30代の若さには勝てません。でも本当に美しいということはどういうこと?

「外見は内面の一番外側」

KATO氏に教えられた言葉です。ただ着飾ることだけをしていても、ちゃんと見えてしまうから。本当に美しいのか、ただのコスプレなのかは、すぐに分かってしまうのです。自分の成長のために、みんなの成長のために、真剣に人生を愉しむこと、「女性は歳を重ねるほどに美しい」と言われる世界基準の美しさを求めていくことが愉しい毎日を送っています。

羽賀 誠さん(20代 プロポーカープレイヤー)
KATO氏と出会うまで、僕の人生は見事な「そこそこ」でした。そこそこの大学を卒業し、それなりに大きな、安定した会社に就職。不満が出ない程度の給料とそれなりに達成感のある仕事と人並みに楽しい休日といった、そこそこな人生を正解だと思って過ごしていました。

その一方で、このまま過ごしていく変わり映えのない予定調和の日常に物足りなさも感じていました。このまま40年、あるいは50年以上このままそこそこの日常を過ごして人生が終わっていいのだろうか?違和感を覚えながらも、かといってやりたいこともなく、何も動きだせない日々を過ごしていました。

KATO氏と出会い、僕には「夢」ができました。それは世界一のポーカープレイヤーになる、ということです。ポーカーは元々趣味で3年前に始めたもので、一度くらい海外の大きな大会に出てみたいなぁ、くらいにしか思っていませんでした。しかし、半年前にはモナコで開催された世界大会に出場し、日本人1位となりました。そして、今は本場ラスベガスでカジノを舞台に、プロポーカープレイヤーとして世界一にチャレンジしています。

もしこの「夢」を持っていなければ未だに、モナコでの大会にも出場していなかったでしょう。「夢」は、いまからでも持つことができます。そして、人生は劇的に変えることができます。是非一度、講演会にお越しください。「夢」なんて無い、と思うのはそれからでも遅くはありません。

講演会お申し込みはこちら


天川 翔哉さん(20代 会社員)
KATO氏に出会って一番変わったのは、志に生きる仲間ができたことです。僕は以前から知り合いが多かったですが、共に理想を目指して、相手に深く関わるような”仲間”は、いませんでした。

KATO氏に出会い、沢山のことを教えもらいました。今年の8月にエンジンのない小さなディンギーヨットでハワイのモロカイ海峡を横断した時も、現地にまで来てサポートしてくれた仲間や日本から応援してくれた仲間がいて、ようやく達成できたものでした。

ハワイのモロカイ海峡は、強烈に波が激しく、3回もヨットから投げ出され海に落ち、船酔いまでしましたが、総距離54.5km、5時間37分、最後まで諦めずに海峡を渡りきった僕は多分、人生で初めて、自分のためだけでなく仲間のために頑張りました。本気で生きるという意味が分かりました。

今まで抱え込んでいたものを全部吹っ切りました。このモロカイ海峡横断を境に、住む場所も仕事も変え、毎日を律して生きることを、今まで以上に愉しめるようになりました。それらを通して今思うのは、思い通りの人生を歩むには、思い通りの人生を実現する人間として、生きていかねばならない、ということです。

森田 文水さん(30代 ハウスマヌカン)
KATO氏と出会ったことで、今、わたしは、小さい頃からの夢や憧れだった自分の未来を遥かに超えた、想像すらできなかった毎日を過ごしています。海外でフルートの演奏をしたい!ドレスをたくさん着たい!日本と海外を行き来したい!パーティが日常にある人生にしたい!など、数えきれないほどの夢を叶えてきました。KATO氏との出会いで、「いつかできたら」「私にはムリ」と思っていたことが、私の日常に変わったのです。

その1番のキッカケとなったのは、漠然と「今の人生を変えたい!」ともがいていた頃、KATO氏におっしゃって頂いた「キレイになっていいんだよ」という言葉でした。それは、キレイになりたいと口では言いながら、地味な洋服を着て無難なメイクをし、とにかく目立たないように周りに合わせて生きてきた私にとって、衝撃的な言葉でした。

そのお話を伺い、いつか参加したいと憧れていた モナコ王室主催の薔薇の舞踏会 に、「最高に美しい私で堂々と参加する」と決めました。それから半年、ダイエットやドレスの準備だけでなく、『美しく生きる』ライフスタイルに変えたことで今の私があります。

今、私はアパレル事業を立ち上げ、モナコやヨーロッパを行き来し、舞踏会やクラシックカーラリー、そしてビッグバンドオーケストラの奏者として海外公演にも参加しています。1人では見れない美しい景色を、一緒に見ませんか?

舘崎 滋さん(30代 パーソナルトレーナー)
それまでの僕の人生は、25歳の時点で本を一冊書けるくらいの「悲惨さ」で埋め尽くされていました。しかし、KATO氏との出会いにより、紛れもなく僕の人生は一変しました。性的虐待、人見知り、女性恐怖症、体型、家柄、離婚など、挙げだしたらキリが無い程のコンプレックスと悲惨の塊だった自分でしたが「過去は一切関係無い」「夢はどうせ叶う」と言うKATO氏の言葉を励みに頑張りました。

入会後、事業の独立も果たし、年収5倍にアップ。

何よりも控えめで典型的な「自分なんて…」と言う人間性だったのですが、KATO氏と遊ぶ事により、今ではモナコ王室主催の薔薇の舞踏会に出席する方のボディーメイクを行えるまで自身を持てるようになりました。どんどん人間性が変化して、今は注目されたくて仕方の無い人間になりました!

古くからの友人にたまたま会うと「何があったの!?」と驚かれる事ばかりです!こんな自分でも変われた。その事をまだKATO氏を知らない人達に伝えつつ、まだ見ぬ新たな景色を仲間と共に見る為に、日々、人生を冒険しています!

講演会お申し込みはこちら


佐藤 基子さん(30代 翻訳校正)
世界最高峰の舞踏会である、モナコ皇室主催の薔薇の舞踏会に出席、モナコを本部とするチャリティ団体のガラパーティにモナコや日本で出席、日本一の舞踏会BAL ROUGEに毎年参加し、ロングドレスが日常のものに。

ジブラルタル海峡を2人乗りのディンギーヨットで横断し、ノース海峡横断チームを現地でサポート、他海峡チームの海外サポートチームとの交渉役やヨット初心者メンバーの冒険の応援が日課に。

モナコ、オテルドパリ、サントリーホールでオーケストラでトランペットを担当し、大成功の演奏を収め、次なるステージのために練習する毎日。200人でタキシードとドレスを着て、デビュタントダンスを踊るという日本初の挑戦のため、仲間と日々ペアダンスを特訓中。

これが、私がKATO氏と出会い、過ごしている毎日です。以前は、休みと言えば、ビデオをレンタルし、見尽くして、新作を待ち、たまにご飯食べたり、子どもと公園に遊びに出かけるくらいの毎日を過ごしていた私の人生は、想像をしなかった知りもしなかった毎日に変わりました。夢もなかった私に次々と夢ができ、何も達成することができなかった私がその夢を次々と叶えれるようになりました。夢がない方、夢を叶えたい方、自分を変えたい方、人生変えたい方のすべての皆さんにKATO氏と出会ってほしいです。

鈴木 浩司さん(50代 建築士)
「運動が苦手な自分がトライアスロンに挑戦するなんて、夢にも思いませんでした!」

KATO氏と出会う前と後では、この世界の見え方が変わりました。それまで自分で越えられないと思っていた壁が次々と消えて行くことを感じ、興味を持てないと考えていたものが自分の世界を狭めていたのを知り、だれかを応援し応援されることで生まれるとても強力なパワーを体感しました。

そうすると自然に行動も変わり、ダンスや演劇を練習したり、フルマラソンやトライアスロンの大会に出場したり、新しく楽器の演奏を始めるなど、何かに挑戦することが愉しくなり、次々と困難を乗り越える面白さが人生をより豊かにしていくのを実感できるようになりました。運動嫌いの私が、今では、プールで1000M以上泳いだり、20km走ったり、100Km自転車で走ったり、毎日トレーニングする人生に変わりました。

さあ、次は何に挑戦し、何の夢を叶えに行くか!そうやって人生を愉しみつくすことが私の生き方になっています。この生き方を、多くの人があたりまえにするようになれば、世界がとても豊かで愉しさに満ちたものになる!そのために、私がとびっきり素敵にカッコよく人生を愉しみます。

中川吉右衛門(40代 天然農法家 百姓)
KATO氏に出会って、僕の人生は激変しました。人生が激変するというのは、何かとてつもないことだと多くの人は思っていると思います。ですが、人生が変わる、人生を変えるというのは、いたって簡単なことなんです。人生なんて何回も変えられるし、変えていかなければなりません。

これも、KATO氏に出会ってから僕の思考が変わったことにより、こう思えるようになり、考えられるようになったんです。「人生を変えるのは並大抵のことではない。」と、当たり前に思ってましたから。また、「他人と過去は変えられない」と、これもよく聞くフレーズで、しかも一見「ほんとそうだよな!」と思ってしまう、耳障りのいい思考に擦られて、僕も楽な人付き合いをしていました。ですがこれも、今の自分には、「そんなわけないでしょ」と当たり前に思えます。

他人も過去も変えられますよね。

では、どうやって変えるのか?といえば、今の自分が変えるんですよね。過去の出来事を変えることはできません。Time Machineなんて持ってませんから。しかし、過去の意味は変えられます。今の自分がその時の自分と比べて、思考も行動も姿も変わった人生を生きているなら。

他人も変えられます。

簡単な話です。他人の人生背負う覚悟を決めて、その人に接することです。相手の人生にズカズカと入って行って、その人のために愛情を持って何でも言えばいいですよね。むしろ、他人は変えられないと、誰かが決めた”当たり前”に自分も倣って「人は人、自分は自分」と、何の責任も取らずに、他人と上手に接していれば、とても「楽」ですよね。人付き合いも。責任なんて1ミリもないので。

揉めないように、相手を傷つけないように、相手を慮って(おもんぱかって)、優しい感じでお互いの落としどころを探り、その当たり障りのないポイントで、自分のタイミングとか、都合を優先しながらも、うまいこと人と接する。それが、ごくごく一般の日本人の人付き合いです。

つまり、僕たち日本人は、何を最上位の概念として生きているのか?といえば、それは「世間体」です。世間体が最上位概念なんです。だから、そこから”はみ出る”こと、”はみ出す”ことがないように、僕らは生きていくように両親から、社会から、世間から、教えられてきました。もっと言葉をきつく言えば、洗脳されてきました。しかし、KATO氏が考えている最も重要なことは世間体などではありません。

KATO氏の教える、KATO氏の伝える最上位概念は「美しさ」です。

美しく生きる。
美しく遊ぶ。
美しい景色を見る。
美しい世界を創る。
美しいがわかる人間になる。

これが、KATO氏に出会って、僕が激変した一番大きなことです。「美しい」という概念。そしてそれが最も重要なことであるということ。今、これを読んでいる皆様が感じている「美しい」とは、全く次元の違う「美しい」という考え方です。

これを、この今現在コミニティーにいる人間440名に向かって、全身全霊で伝え、そして自らも美しいを体現し、それを実際僕たちに見せ続けていくKATO氏の言葉と行動は、どんな権威・権力にも負けない「力」が宿っています。きっと、あなたもKATO氏触れたら、それを感じるはずです。美しさを上位概念に持って生きると、自分が関わる全ての人・物・事の価値を上げていく事ができるのです。そんな人間を日本中にたくさん増やす事。これをKATO氏は初めから目標としています。そして今は僕も、一緒にその目標に向かって進んでいる一人です。

ちょっと想像してみて欲しいんです。

KATO氏の伝える美しいを理解し、それを実践する人間が今よりもっと増えれば、日本は今よりもっと素敵になる。どうでしょうか。美しい人が増えたら、そりゃ素敵になるよな。と、ちょっとでも思いませんか?

僕はそう思うんです。ちょっとでもそう思ったあなたは、間違いなく人生で一度はKATO氏に会うべきだと僕は思います。そしてあなたも、日本を今よりもっと素敵にする人間として美しく生きて行く覚悟を決めてみませんか。あなたの近しい大切な人から、光輝き出しますから。ぜひ、KATO氏に会ってみてください。

講演会お申し込みはこちら


Toshi Tonicさん(40代 俳優)
KATO氏と出会って何が変わったか?「何がということではなく、人生の全てが変わりました!」以前は、大手企業に務める普通のサラリーマン。都心まで約1時間かけて通勤して、デスクワークや営業をして、会社が終われば職場の人達に付き合い一緒に飲みに行く。そんな毎日の繰り返しでした。今はアメリカロサンゼルスのビバリーヒルズに住み、ハリウッドでNo.1の俳優になるために活動しています。

仕事は、会社員から俳優に変わり、住んでいるところも日本からアメリカに。日本語より英語を使う日常を過ごし、日本人の中で生きていた自分が世界中の人達と関わるようになりました。毎日見ている景色はカルフォルニアの青い空です。

そして一番大きく変わったのは、大きな夢を持ち、それを成し遂げる毎日を送っていることです。そういう生き方を教えてくれたのはKATO氏。KOTO氏に教わって、すぐに人生を変えることにしました。

本当に人生は一度きりです。あなたもそれは分かっていると思いますが、何となくただ時間が経っているということも多いと思います。俺は、その一度きりの人生を世界中の人達を笑顔と幸せにする、ハリウッドスターとして生きることにしました。

荒能 里美さん(40代 Vegan food coordinator)
KATO氏と出会って、自分の人生をしっかり歩いてます。自分で決めて行動できるようになりました。以前の私は、何も考えずに流されていた人生が「幸せ!」と思ってました。しかし、KATO氏から「この世には幸せなんかない!」とお聞きし、ただ、波風立たない安定した生活を求めていたのだと分かりました。形のない幸せばかりを求めて、他の人と比べて、幸せか幸せでないかを考えて生きていました。

今は人生を愉しんでいます!

過去に囚われている人、人生に迷ってる人、人のことばかりが気になる人、忙しいばかりを言ってる人など、そこに留まらず、一緒に愉いことを沢山して、毎日が、パーーーと明るく、前だけを向き堂々と進んでいく!!この毎日を過ごていく。自分の間違いがあれば、すぐ正し、進んでいく。シンプルな生き方です!!とらわれる人生なんて、つまらないです!

また先日、KATO氏とご一緒させて頂き、セルビアやモナコへ行きました。そこで、多くの人に会いました。そこでわかったのは、自分に100%自信を持ち、自分の意思もしっかりもち、堂々と生きていること。自分の人生の枠が取っ払い、無限に可能性が広がってます。人生を愉しむ事ができれば、皆んな笑顔でキラキラ輝いてますね!!もっともっと、人生を愉しむ人を増やしていきます。

岩木 陽平さん(20代 学生)
KATO氏と出会うまでは、ただの学生でした。もっと勉強したい、という理由で大学院へ進学。ですが、それ以降の進路はどうするかという問いの答えを見つけ出せずにいました。なんとなく夢や希望を思い描くもやり切る自信がない、でも想定通りのこれまでの延長線上の人生を進んでいくのかと考えると全然ワクワクしない、そんな無間地獄に陥り絶望していました。

しかし、KATO氏と出会ってから全てが変わりました。ヨット、オールドヴィンテージワイン、ペタンク、クラシックカー、チェロ、ダンス、ブラックタイのフォーマルなパーティ、これまで人生の延長線上には無かった事柄に触れるようになりました。その中で、人生を愉しみ尽くそうと冒険する仲間たちと出会い、人生は仕事だけでは必要十分なほどに豊かにはなれないのだと確信し、次第にたくさんの夢を持つようになりました。

そして、2018年4月27日、自分一人では思いつきも、やろうとも思わない、KATO氏と出会ったからこそ出てきた夢の1つ。ディンギーヨットによる海峡横断(ニュージーランド、クック海峡)を成し遂げました。今はもう、自分に期待感しかありません。

講演会お申し込みはこちら

主催:EXPLORERS CLUBについて

EXPLORERS CLUB (エクスプローラーズ クラブ) は2011年、モナコ公国在住の冒険家 加藤学 氏によって設立されました。多くのメンバーは日本を拠点としていて、2018年7月現在、約432名が所属しています。 「一人では見れない景色を一緒に見よう」ということをテーマに、人生を愉しむため、日々のチャレンジを通して、慈善活動であるモナコ→ロシア間3500kmをクラシックカーで走破するピースラリーや、世界7大海峡をエンジンのない小さなヨットで横断したり、今まで音楽をやったことがない人たちがビッグバンドオーケストラを組んでサントリーホールで演奏したり、冒険する仲間、それを応援する仲間で構成されています。

イベント概要

講演テーマ「あなたの人生の規模感を圧倒的に大きくするための、たった一つの考え方」

日程: 11月4日(日)
時間: 開場 18:00 講演会 18:30〜21:00
場所: 梅田スカイビル22階 [MAP]
参加費: 5,000円(税込)


加藤学 来日講演会2018 参加申し込み
お名前  *
メールアドレス  *
電話番号  *
希望する参加日をお選びください。
紹介者
※ どなたかのご紹介であればお名前を教えてください。
上記の項目を入力の上、「講演会に参加する」を押してください。