時代はBIO!自然農法の吉右衛門米を女子部で味わう!

現在女性の美しさと切っても切り離せないもの。それが、BIO(ビオ)な食材です。しかし、BIOといっても、それをどこまで掘り下げるかは農業大国フランスでも意見の別れるところ。そしてもちろん、富裕層と言われる方々は、BIOに飽くなき探求を続けています。

そんな中、EXPLORERS CLUB には、BIOを追求し続ける農業家「十四代中川吉右衛門」さんがいます。彼のつくる作物は、無施肥・農薬不使用・天然農法・自然栽培で、そこから生み出されるお米やお野菜は、あまりにも生々しく自然の恵みに満たされており、今回、EXPLORERS CLUB 女子部では、その現実を体験するため、女子部専用の西麻布のクラブハウス「PARADOR」にて、試食会が開催されました。

その数日前には、クラブメンバーが山形にある吉右衛門さんの田んぼを訪れ、草むしりを経験しながらBIOについての話を伺うなど、試食前の準備も万端でした。吉右衛門さんの畑から持ち帰った食材でみんなでお料理を作り、もちろん、EXPLORERS CLUB の「淑女」として、準備やテーブルセッティングなどはヨーロッパスタイルで行い、そしていざ試食。

吉右衛門さんの食材は、あまりにもパワフルで、食材の元気がカラダ全体に伝わってくるほどです。枝豆1つをとってみても、今までの人生で食べたものとは明らかに違って、躍動する自然がそこに凝縮されているような味わいでした。

愛情を込めて時間をかけて接すれば、最高級な物が出来上がる。しかし、なにもこれは食材だけのことではありません。自分を磨くことも、物に愛情を込めて扱うことも、人生を愉しく過ごすために通じることだと皆が口にしていました。

EXPLORERS CLUB の女子会は、お席の近い方だけでワイワイと話すようなことはなく、そこに集まった全員で一つの話をし、みんなが確実に昨日よりも美しくなるための会です。そして、モナコ帰りのメンバーから、モナコや南仏の最先端BIOの話がでたり、各自が美しい人生を過ごすためのに努力している事をシェアしたりと、未来に繋がる女子トークが繰り広げられました。

EXPLORERS CLUB は、荒海を行くような冒険だけではなく、日常を自分を律して美しい人生をつくるための行動も「冒険」と考え、皆で切磋琢磨しています。次は、あなたもぜひ、ご参加ください!



EXPLORERS CLUB を運営するデスクチームです。自分たちも含め、クラブメンバー全員の人生を愉しむ姿を、事実に基づく的確な表現で100%伝えきれるように頑張ります!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です