EXPCトライアスリートたちの新たな挑戦

EXPLORERS CLUB(以下EXPC)エクストリーム部のトライアスリートたちによる新たな挑戦の幕が開きました。

8月27日(日)、石川県と千葉県で開催されたトライアスロン大会に、それぞれ1名のEXPCトライアスリートが完走を目指して出場しました。

石川県で開催された「珠洲トライアスロン大会」に出場したEXPCトライアスリートは、自身2回目となるトライアスロンへの挑戦となる今大会で、2.5kmのスイム、国内でもトップクラスの厳しさと言われるバイク102.2km、そしてラストのラン23.3kmを競う予定でした。

しかし、スタートとなるスイムでまさかのタイムアウト。

この日は高い波に多くの選手たちが翻弄され、大会出場者の約1/4となる200名を超える選手がスイムでタイムアウトとなった波乱のレース展開となりました。自然の厳しい洗礼を受けた無念の結果。
来年7月のアイアンマン・ニースに向けて、大きな課題が浮き彫りになったレースとなりました。

一方で、国内最大規模といわれている「木更津トライアスロン大会」に出場したEXPCトライアスリートは、この大会が自身初のトライアスロン出場となりました。今年に入ってからトライアスロン挑戦へ向けて準備を進めてきた同選手はスイム1.5km、バイク40km、ラン10kmに挑戦。終始安定した力強いレース展開で初のトライアスロンへの挑戦を見事な完走で飾りました。

必ず結果を出すために、何をどのように進めていくのがベストなのか?

人生の生き方が結果として現れるEXPCエクストリーム部によるトライアスロンへの挑戦は、まだまだ続きます。



EXPLORERS CLUB を運営するデスクチームです。自分たちも含め、クラブメンバー全員の人生を愉しむ姿を、事実に基づく的確な表現で100%伝えきれるように頑張ります!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です