【PJ-CUP】ペタンクジャパンカップ第4戦沖縄大会開催!

第3戦千葉カップの翌週、沖縄らしい力強い太陽と青空の広がる2017年4月9日(日)、ペタンクジャパンカップがいよいよ沖縄へ上陸。ペタンクジャパンカップ第4戦沖縄大会(以下、PJカップ沖縄大会)が沖縄県那覇市にて開催されました。

会場となった奥武山総合運動公園補助競技場には沖縄大会のドレスコードとなったゴーヤモチーフのTシャツを個性的に着こなした選手たちが日本各地から集まり、熱戦の火ぶたが切って落とされました。

まずはシングルスから試合がスタート。その後、クラシックスと試合が進められ、結果はご覧通りです。(以下の成績表をご参照ください)4回大会にして、すでに上位に名前を連ねる「強豪選手」の顔ぶれが決まってきたかに見えます。クラシックスにて激闘の末、見事優勝した”Crazy Victory”も、PJカップ第1戦の大阪大会から、PJカップ第3戦の千葉大会、そしてPJカップ第4戦となった沖縄大会と、着実に連勝を重ねてきた強者チームです。

しかし、PJカップはまだまだ始まったばかり。今後開催される1戦1戦からも、ますます目が離せなくなりそうです。

さて、日本国内各地を転戦しているPJカップでは、毎回地域ごとに様々なドリンクが用意されています。沖縄大会では青空にぴったりの”パナシェ”と、EXPCメンバーで沖縄在住のコーヒーマイスター西原利和さんこだわりのコーヒーが振舞われ、選手の皆さんからも大好評でした。

ペタンクジャパンカップでは、1年間のトータルポイント獲得数をもとに、今シーズンの順位結果を算出します。第4戦沖縄大会の結果ならびに現時点でのランキングは以下の通りです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ペタンクジャパンカップ 第4戦 沖縄大会 結果発表
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<シングルス>
優勝:古市 真也 10 pt
準優勝:加藤 学 6 pt
3位:林 信隆  4 pt
4位:田中 絢子 3 pt
5位:大澤 未貴 2 pt
6位:大山 真季 1 pt

<クラシックス>
優勝:Crazy Victory 10 pt
準優勝: FIRE RED BOULES 7 pt
3位: スペシャルチーム(King’s But Strykers、VICTOIRE、 Don・juan)各チームに 2pt
4位: Monte Carlo Royales 3 pt

<ベストドレッサー賞>
シングルス部門:西原 利和、大澤 未貴
クラシックス部門:スペシャルチーム(当日結成されたチーム)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ペタンクジャパンカップ 年間シリーズポイント 結果発表
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<シングルス>
1位:加藤 学  16 pt
1位:古市 真也 16 pt
3位:林 信隆  12 pt
4位:大山 真季 11 pt
5位:武 恒宏  10 pt
6位:高橋 康代 9 pt
7位:田中 絢子 6 pt
7位:近 崇之  6 pt
9位:羽山 伊知郎 4 pt
9位:羽賀 誠   3 pt

<クラシックス>
1位:Crazy Victory     30 pt
2位:FIRE RED BOULES  12 pt
3位:Monte Carlo Royales  8 pt
4位:ONE SHOT WIN      7 pt
4位:Saitamárz         7 pt
4位:Triplepleple        7 pt
4位:King’s But Strykers    7 pt
8位:サンジョルジュ    5 pt
8位:ピンクハート     5 pt

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

前半戦は残り4試合。PJカップ第5戦佐賀大会(4月)、PJカップ第6戦埼玉大会(6月)、PJカップ第7戦京都大会(6月)、そして前半戦のラストを飾る、PJカップ第8戦東京大会(6月)です。

後半戦からは、一般からの参加も検討されているようです。あなたもクラシカルな装いでPJ-CUPに参戦してみませんか?



EXPLORERS CLUB を運営するデスクチームです。自分たちも含め、クラブメンバー全員の人生を愉しむ姿を、事実に基づく的確な表現で100%伝えきれるように頑張ります!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です