イタリア・雨のローママラソンに出走の10名が全員完走しました!

ローママラソン〜Maratona di Roma 2015〜に応援隊から10名が出場。全員完走を果たしました!

2015年3/22(日)に開催されたローマシティマラソンのフルマラソンに、応援隊からも10名がチャレンジしました。その内3名は今回フルマラソン初参戦でしたが、7時間という制限時間内に見事全員完走しました。

三千年の歴史を誇るローマ遺跡の数々や市街地の中を42.195km駆け巡る、それは観光ツアーとも言えるような素晴らしいコースでしたが、当日は雨。石畳が多く、決して平坦とはいえないローマの街で、コンディションが良いとは言えない中での完走でした。

応援隊でのトップタイムは、4時間27分14秒の仲政彰さん。

仲さんは、普段は特に運動もしないという経営者の方ですが、モナコの自宅と日本を行き来しながら、人生初のフルマラソンとなった「ニース→カンヌマラソン」も好タイムで完走。2回目のフルマラソンで4時間半を切る好走を見せてくれました。

今回参加した応援隊のメンバーは、日本で走りを重ねているランナーではなく、ほとんどの方が「走ることはあまり好きではないです」という方達。そんなマラソンを好んで走りたいと思っていないメンバーたちが、なぜ苦手な事にもチャレンジをするのか!?

それは「冒険がしたいから」だと。

冒険家 加藤学 氏の言葉を借りれば、「冒険は段取りが全て」です。どんな事でも逃げずチャレンジをしようとする精神、目標を定めてそれに向けて準備を積み重ねる、そして自分の限界を超えていく。そのためには、目標がわくわくするものであることが大切です。そんな世界中を本気で努力して愉しみ尽くしたいメンバーが集まっているのが、冒険家加藤学応援隊なのです。

フルマラソン終了後、走り終えた10人からは、『次は、ボルドーのメドックマラソンでしょ〜!その次は、ヴェニスにする〜?』なんていう声が聞こえて参りました。

あなたも、一人では見えない景色を一緒に見ませんか?



EXPLORERS CLUB を運営するデスクチームです。自分たちも含め、EXPCメンバー全員の人生を愉しむ姿を、事実に基づく的確な表現で100%伝えきれるように頑張ります!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です