75日間で3145kmを走破!日本列島縦断ランニング

人は,なぜ走るのだろう?もちろん、それは愉しいから!
日本列島をランニングで縦断してしまおうという、冒険家 加藤学 応援隊 ランニング部のイベントが、2015年9月~12月に開催されました。

日本最北端の北海道・宗谷岬をスタートして、日本最南端である沖縄県・波照間島までの総走破距離3145キロを、のべ160名のランナーが交代でタスキをつなぎながら走破しました。

常に自分の限界にチャレンジするのが冒険家 加藤学 応援隊。5キロ,10キロを走ることもなかったメンバーが、一緒に走る仲間からの声援を受けてタスキをつなぎました。交代ポイントで待っている仲間に最高の笑顔を見せてくれました。

応援されることがどんなに力になるのか体感できた。そうランナー達は口をそろえて言いました。一人では見れない景色を見る。応援することが力になる。冒険家 加藤学 応援隊のテーマをまさに体現したのが、この縦断ランニングでした。次はあなたの走る笑顔が見たいです。

◆日本列島縦断ランニング 結果

スタート 2015年 9月18日 北海道・宗谷岬
ゴール  2015年12月1日 沖縄・波照間島

北海道編 のべ走者 9名 走行距離 708キロ
東 北編 19名 763キロ
北関東編  6名 100キロ
東 京編 38名 43キロ
東海道編 26名 450キロ
関 西編 28名 522キロ
九 州編 16名 389キロ
沖 縄編 18名 170キロ
合 計 160名 3145キロ



EXPLORERS CLUB を運営するデスクチームです。自分たちも含め、EXPCメンバー全員の人生を愉しむ姿を、事実に基づく的確な表現で100%伝えきれるように頑張ります!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です