モナコ公国主催『薔薇の舞踏会』に応援隊メンバーが出席

3月19日、モナコ公国が主催する世界最高峰の舞踏会『Bal de la Rose』が開催され、応援隊の中から16名の紳士淑女が出席しました。

美しい応援隊クラブハウスで目覚め、部屋からの素晴らしい景色を眺めながら準備を始める女性たち。自らの手でヘアメイクをし、世界中から異次元の成功者が集まる舞台にふさわしい装いをまとう準備は、真剣そのもの。その緊張感や舞踏会への高揚感のすべてを、出席者たちはそれぞれ愉しんでいました。

夕刻、ロールスロイスのクラシックカーや真っ赤なベンツに乗り込み、アペリティフ会場であるオテルド・パリへ向かいます。車から降り立った瞬間、カメラマンからのフラッシュを浴び、外から見ている観光客からも写真を撮られる世界。フラッシュを浴びながらレッドカーペット上を色鮮やかなドレスで歩く姿は、映画のワンシーンのよう。加藤学はたびたび、「映画は我々の日常を模倣している」と話しますが、まさにその通りの景色が広がっていたのでした。

アペリティフを存分に愉しんだ後は、メイン会場であるスポルティング・クラブへ向かいます。次々と到着するクラシックカーや高級車。そこから降りてくる人々は、気品に溢れ、華やかで突き抜けた美しさを持っています。「その場に出席する人々こそが、その場の価値をあげる」ということを実感。

会場に足を一歩踏み入れると、そこは今年のテーマである”キューバ”一色。シャネルのデザイナーでもあるカール・ラガーフェルドが総合プロデュースする、細部にまでこだわった美しい空間が広がっていました。テーブルに着席し、モヒートで乾杯をしたあとは、キューバを感じさせる料理と会話を愉しむ出席者たち。ダンスタイムが始まると会場は最高潮に盛り上がり、美しい夜は更けていきました。 世界基準の教養を教えてくれる『エコール ド プロトコール モナコ』でのレッスンを受けてきた出席者たち。練習に練習を重ね、自信をつけてきたからこそ、その最高峰の世界で全身で感じることができました。

加藤学を応援することで、このような世界最高峰の舞台に自ら立つチャンスを手にすることができます。あなたもぜひ、来年の『薔薇の舞踏会』を目指してみませんか?



EXPLORERS CLUB を運営するデスクチームです。自分たちも含め、EXPCメンバー全員の人生を愉しむ姿を、事実に基づく的確な表現で100%伝えきれるように頑張ります!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です