【断念!】応援隊ヨット部の夢「クック海峡・ノース海峡横断」が中止となりました。

今年2月に開催された、第2回「人生を愉しむシンポジウム」にて、応援隊ヨット部の次の夢として掲げられた「クック海峡・ノース海峡横断」。その発表後、ノース海峡とクック海峡への冒険を名乗り出た計8名が集結し、決行日を5月初旬に定め、過去に海峡を横断した冒険家たちの心強いサポートの元、プロジェクトは着々と進んで行くかと思われましたが・・・。

今回の冒険も、一から全てを自分たちで進めなくてはならない、しかも海外で物理的な距離が遠いというハードルもある。コネクションもなく自分たちで何もないところを切り開いて、必死に取り組めば、必ず夢は叶うはず。そう、このプロジェクトにかける想いを熱く語っていた新たなチャレンジャーたちでしたが、4/13(月)PM12:48、ヨット部部長の手塚宏樹さんは、「無謀なままの冒険を決行することはできない!」と苦渋の決断で「横断中止」を言い渡しました。

ヨットとは命のかかった勝負である。

絶対に誰も死なずに渡らなければならない。

ヨットの技術という話以前に、今回のメンバーたちは、「命がけの冒険をしても良い人格」を手に入れることができませんでした。責任を自ら取りに行く覚悟、チームメンバーが100%互いに命を預けられる信頼、周囲の理解を得て巻き込んでいく行動力、それらが決定的に不足していました。

海峡横断に挑戦することは、とても辛いことです。でも、中止しろ!とその決定を下すのは、もっと辛いことです。

今回残念ながら、無謀を冒険に変えられなかったメンバーたち。しかし、ヨット部 手塚部長の言葉をお借りするならば、「海峡を渡ること自体が大事なのではない。ここから何を学ぶか。今からどう自分を変えていくのか。」なのですから、横断であれ中止であれ、この冒険に立候補したメンバーたちは、大きなきっかけをつかんだことに間違いはありません。



EXPLORERS CLUB を運営するデスクチームです。自分たちも含め、クラブメンバー全員の人生を愉しむ姿を、事実に基づく的確な表現で100%伝えきれるように頑張ります!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です