エクスプローラーズクラブ
エクスプローラーズクラブ
Slider

EXPCヨット部、沖縄『神の島』周遊達成

世界に沖縄の美しい海を魅せたい!という思いから、『OKINAWA-JAPAN Beautiful Sailing Project』と名付けたプロジェクト。その第2弾である『沖縄~神の島プロジェクト』は、2018年4月4日(水)午前6時にスタートし、男女4人チームでの航海のすえ、無事ゴールしました。

航行距離72.59km、航行時間8時間53分。

沖縄本島(与那原マリーナ)から出発し、久高島、浜比嘉島をまわり、ふたたび与那原マリーナに戻るルートです。何枚もの美しい写真がリアルタイムでEXPC内で共有され、多くのメンバーが応援を送っていました。

EXPCでのヨットは一人でやる冒険ではありません。チームメンバーはもちろんのこと、クラブ全体を巻き込んでの冒険になります。応援してもらえることがクルーたちのエネルギーになることはもちろん、応援しているクラブメンバーもまた、それが自分の力になっています。同時に、クルーも他のクラブメンバーのことを応援することで、自分が限界を超えることができるようになっています。

ヨットの技術が上手ければそれでゴールできるわけではありません。ヨットの練習とともに、それ以外の、ヨットの手配、救命艇の手配、航路の検討、そして最も大事なチームづくり。クルーは全員、ほかに本業をもっています。小さい子どもがいる主婦もいました。日常のあれやこれやで時間がないなか、なんとかやりくりして、準備を進めてきました。

準備の過程では、ヨット業界の人たちから、「そんな無謀なことはやめたほうがいい」などと言われながら、それでも、必死に調べ、考え、準備し、結果、自分たちの想いを貫き通しました。自分たちの人生は自分たちが決める。

この沖縄プロジェクトの熱も冷めやらぬうちに、次は、ニュージーランドのクック海峡を渡ってきます。これは、『オーシャンズ・セブン・プロジェクト』(世界7大海峡をディンギーで渡る)のひとつで、ドーバー海峡、津軽海峡、ジブラルタル海峡に続く第3弾です。EXPCヨット部は、見果てぬ夢を追い続けます。



EXPLORERS CLUB を運営するデスクチームです。自分たちも含め、EXPCメンバー全員の人生を愉しむ姿を、事実に基づく的確な表現で100%伝えきれるように頑張ります!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です