下田正太郎さん / 俳優


[編集部] 下田さんは、どのようなきっかけでEXPCへ入会されたのですか?


[下田さん] 僕は俳優として活動をしていますが、目標はハリウッドで活躍できる俳優になることです。それを知る知人から、「ハリウッド俳優目指すなら、加藤学さんに会ったら?」と言われた一言をきっかけに即入会しました。


(下田さんが出演していた舞台「大友宗麟」の舞台稽古 /上 と、終演後の写真 /下)


[編集部] 随分あっさり入会されたようですね!実際はいかがでしたか?


[下田さん] 実は、活動の様子やメンバーの皆さんの様子を写真で拝見していた時は、「なんか派手で凄そうな集まり」という印象を抱いていたので、少し不安もありました。でもそれ以上に、「何か異世界に飛び込むような気分」でワクワクもしていました。僕の第六感のアンテナがビンビンと張っていて、どこからか唸るような声で「ここにはお前の未来が待っている!」と言われているように感じたのです。


(下田さんが出演していたテレビ番組「ときめきトラベル」)



[編集部] なるほど。直感を信じたわけですね。それで、実際に入会されてからはどうでしたか?


[下田さん] 入会直後は、何かと理由をつけて、何も参加しない、という時期が続きました。参加してみたい気持ちはあったのですが、なんとなく、新しいことに手を出すことが怖いような、手を出したら引き返せないように思い、一歩踏み込むことができず、自分の中で葛藤を感じていたのです。


[編集部] なるほど。確かに、いきなり、新しいグループに飛び込むのは色々な意味で勇気が必要かもしれませんね。


[下田さん] ええ。凄そうだし興味もあるけれど、逆に得体の知れないものであるようにも感じ、なんとなく、様子を見ていたのです。


[編集部] そんな下田さんが最初にEXPCの活動に参加されるようになったのは、何かきっかけがあったのでしょうか?


[下田さん] はい。入会して2ヶ月半くらい経った時に、当時のキャプテンから「EXPC days」というイベントに来てみないかというお誘いをいただいたのです。僕は当時、「誘われたら出来るだけ断らない」ということを決めていたので、思い切ってイベントに参加してみました。そのイベントはEXPCが考案した、EXPCの思考や行動を知ることができるボードゲームをするイベントだったのですが、そこで初めて会ったメンバーと一緒にそのゲームをするうちに、「これは相当面白い集まりじゃないか!!!」と気づき、その流れでヨット部や演劇部、音楽部などの色々な部活に入部して、活動を開始しました。


(ウルトラビッグバンドオーケストラで演奏する下田さん)



[編集部] 実際に活動するようになって、ご自身で変化を感じたことはありますか?


[下田さん] はい。最初の1年位は、『やる!』と宣言したことをやったりやらなかったりするような、自分勝手で身勝手だったと思います。活発に活動してみたと思ったら、ぱったり音信不通になったり・・・。もちろん、EXPCでは何か強制する、ということはないので、メンバーそれぞれが自分のペースで活動することに問題はないのですが、僕はもっと上を目指していたので、それではいけなかったのです。でも、当時の自分には「辛いことから逃げて楽しもう」という考えがありました。しかし、入会して2年目に訪れたモナコでの滞在が、僕の人生を変える転機になりました。


(ヨット部での活動の1シーン)



それは、今までの僕は人として全く未熟だったのだと、滅多打ちにされたような出来事だったのです。そこで「自分はこのままではダメだ」気づくことができました。そこからの約1年は、「頑張る」ことができる機会が増え、少しずつではありましたが、自分の変化を実感できるようになりました。


(ワイン部で開催されたワイン会で、ワインのテイスティングをする下田さん)



[編集部] 自分について知ることができることは貴重なことですね。それから活動をしていく中で、特に成長を感じたり、印象に残っていることはありますか?


[下田さん] 入会して3年目に入る頃、毎日の生活や何かに挑戦することを通して、ふと、「オレ、相当変わったな〜」という成長を感じられるようになりました。それは、その前の1年で「EXPCで学んだ思考を自分に取り入れまくる」を実践できた成果だったと思います。



その結果、その年のシンポジウムでは、その年にEXPCの中でも、特に冒険に挑戦し大きく成長できたメンバーに授与される、栄えある「エクスプロワリング賞」を受賞することができました。この受賞は僕にとって大変意味のあるもので、なお一層の励みとなり、それから今に至るまでの僕の人生を、さらに飛躍させるきっかけになっています。今は、仕事もプライベートも全てが充実し、愉しくて愉しくてたまらない毎日です。


(下田さんが出演しているテレビCM )



[編集部] 「毎日が愉しくてたまらない」とは、素晴らしいことですね!そんな下田さんにとって、これからのご自身とEXPCの未来について、どのように考えているか教えていただけますか?


[下田さん] はい。僕はEXPCで学んだ思考を元に、ハリウッド俳優として世界と戦っていきます。僕の野望は、「あの正太郎が入ってるEXPCって世界的にもスゲーとこらしいよ!」と世界中の人に言わせることです。そして、そんなカッコよすぎる集まりにするべく、僕がハリウッド俳優になるだけでなく、仲間もスターにしていきます。自分にも仲間にも妥協しない。そんな未来を描いています。


下田正太郎さんがトロンボーン奏者として所属する EXPLORERS CLUB BIG BAND ORCHESTRA の曲はiTunes / Apple Music / Amazon Music など世界中の音楽配信スタンドにてお買い求めいただけます。

Apple Music ↓

EXPLORERS CLUB

EXPLORERS CLUB 「もっと」を目指す人のための会員制クラブ