佐藤亜紀さん / 会社員


[編集部] EXPCに入会される前の佐藤さんはどのような毎日を過ごしていましたか?


[佐藤さん] 学生の頃からバックパッカーをしていた私は「面白いことないかなー!?」が口癖で、社会人になってからもそれは変わらず、会社と家、友達との飲み会、たまに長旅をして、を繰り返すような生活でした。“外”にばかり面白さや刺激を求める毎日だったのです。ですが、そのうち、旅に出ても以前のような感動を得られなくなってきてしまい、「今度はどこにいけばいいんだろう?」と思い始めるようになりました。まだ20代なのにこんな調子だなんて、私はどうすればいいの?という漠然とした不安を抱えていました。


[編集部] EXPCに入会されたきっかけは?


[佐藤さん] 知人に紹介されて加藤学さんの講演会に参加したことがきっかけです。講演会では会場にいたEXPCの女性たちがとても綺麗でモデルさんのように素敵で驚きました。とはいえそれに惹かれたかというとそうではなく、私はドレスにも興味を持たなかったし、ドレスを着たいとも思いませんでし、ダンスも、踊りたいなんて少しも思いませんでした。講演で聞いたお話も突拍子も無いことに感じ、訳がわからない!と感じたのが最初の印象です。そのような中で、講演で加藤学さんがお話しされた、「好きなことや得意なことが人生を十分には豊かにしない」という言葉に惹かれたのです。私はそれまで、好きなことや得意なことができることが良いことだと思っていましたので、この一言が小さな棘のように心に刺さり、この小さな棘のおかげで、EXPCに入会することができました。


[編集部] 入会されてからはいかがでしたか?


[佐藤さん] 入会してからは、音楽部やダンス部に入部して色々な活動を始めました。音楽部では、はじめて弦楽器に挑戦しようと思い立ち、ヴィオラを始めました。まだ始めて約2年ですが、きっと普通に習っていたら到底叶わなかったような素晴らしいステージに立つ機会を次々にいただいています。



部活を通じて色々なことに挑戦するようになり、不思議なことに、それまでと同じ24時間なのに、1日がものすごく長くなりました。1日の中でできることが増えて、やりたいことも増えて、色んなことを求める「欲」がどんどん増えていきました。


それに、「綺麗になりたい」と望んでも良いのだと知り、それを大きな声で宣言しても良いのだと知り、宣言しました。そうすると、それを聞いて応援してくれる仲間ができました。それをきっかけに多種多様な人と関りをもつことができるようになり、自分の感情の幅がどんどん広がっていきました。


(2019年に開催された「EXPC LIVE JAM」で進行を務める佐藤さん / 写真左)



[編集部] なるほど。そう言われてみれば、「綺麗になりたい」って宣言するって少し勇気が必要ですよね。決してそんなことはないのですが、「既に綺麗な人にしか許されない」のではないか?と思ってしまうというか。


[佐藤さん] そうなんです。私はそれまで「美しい」とは無縁の人生でしたので「綺麗になりたい」なんて、入会前は恥ずかしくて口にできませんでしたし、望むことも間違っているのではないかと思っていたのです。


[編集部] 「綺麗になりたい」と思うようになったきっかけは?


[佐藤さん] 初めてロングドレスを着てパーティーに出席したことです。ドレスには全く興味がなかったですし、着たいとも思っていませんでしたが、実際にドレスを着てパーティに出てみて、「綺麗になりたい」と思いました。EXPCでは自分が望めばドレスを着ることができるイベントやパーティの機会がたくさんあります。そんな機会を重ねるにつれて、「もっと美しくなりたい」という気持ちが強くなっていきました。無縁だと思っていたけれど、そうではなかったのだとわかりました。そして誰でも「自分に期待して良い」のだと、わかったのです。私は、女性として生きる喜びに気づくことができました。


[編集部] それはやはり、EXPCの環境だからこそ、ですか?


[佐藤さん] はい、そうです。EXPCには、女性が所属する「女子部」があるのですが、そこでは希望者が自分で色んな宣言をしてそれを目標に努力しています。ダイエットだったり、メイクだったりとそれぞれが様々なことです。そして、そのチャレンジをみんながお互いに応援し合うことができるのです。困ったことがあったら相談することもできるし、同じような状況の人がいれば励ましたり、励まされたり、アドバイスをし合ったり。一歩踏み出してしまえば、綺麗になりたい、美しくなりたいと思うことに戸惑いはなくなり、そのためにする努力も全て、愉しいと感じることができるようになりました。


(女子部のメンバーと談笑する佐藤さん / EXPCクラブハウス)



[編集部] 一緒に何かに挑戦したり、目標に向かってお互いが努力できるって、素敵なことですね。


[佐藤さん] はい。それはその他の部活でも同じです。私は音楽部の副部長をしていますが、部活を通してメンバーと真剣に向き合うことで、自分の時間も、体も、感情も、自分だけのものではないのだということに気づきました。仲間を心から応援することができる環境で起きる様々な事を、「私」ではなく、「私たち」で捉えられるようになったことで、喜びも、葛藤も、格段に増えていきました。仲間を心から応援しているうちに、自分の人生が確実に豊かになっていることを感じています。そして、仲間の範囲が広がるたびに、人生の豊かさがもっと広がっていくのが明確にわかります。




[編集部] 得られたものは、とても大きなものですね。


[佐藤さん] はい。私は、女性として生きる喜びを得られましたし、素晴らしい仲間を得ることができました。そして、自分自身が使命感をもって生きることができるようになりました。それは全てEXPCで活動ができたからです。




[編集部] 最後に、EXPCについての佐藤さんのお気持ちをお聞かせください。


[佐藤さん] EXPCで活動を始めて、想像もできなかった未来がどんどん広がってきて、自分に期待をしてもいいんだと思えるようになりました。大好きな仲間と「一人では見れない景色を一緒に見よう」というこの言葉を、自信を持って言うことができます。


EXPCに出会わなければ、自分の一人の目で見られるものだけ、手が届くものだけ、自分に理解ができることだけ、自分が想像できる範囲内のことだけで人生を終えようとしていました。でも今では、仲間と共に360度で「もっと」を求めることができます。


モノクロだった私の人生が、鮮やかに色づいていっています。

私は、EXPLORERS CLUB とクラブメンバーが大好きです!!!!


佐藤亜紀さんが副部長を務める音楽部に所属する「 EXPLORERS CLUB BIG BAND ORCHESTRA 」の曲はiTunes / Apple Music / Amazon Music など世界中の音楽配信スタンドにてお買い求めいただけます。

Apple Music ↓

EXPLORERS CLUB

EXPLORERS CLUB 「もっと」を目指す人のための会員制クラブ