松下倫子さん / 資産形成アドバイザー・フリーランス


[編集部] 松下さんはどのようなきっかけでEXPCに入会されたのですか?


[松下さん] 私は2019年の2月に友人の紹介でEXPCと出会い、入会しました。最初にEXPCのことを知った時は、「なに?この異次元の世界!日本で、ロングドレス着てこんなパーティーしてる人達がいるの?」と、驚きました。それまで、全く縁がなかった世界でしたし、写真に写っているメンバーの皆さんが、とてもカッコよくて衝撃を受けたことを覚えています。


[編集部] 確かに、そうですね!入会してみれば当たり前の世界でも、多くの日本人にとって、ロングドレスを着る機会は結婚式の披露宴くらいというイメージかもしれません。


[松下さん] はい。当時の私は、自分はそんな煌びやかな世界の中に入れないと思いましたが、EXPCの考え方にとても興味を持ち、入会することにしたのです。新しい事を始めるのはワクワクドキドキしましたね。久しぶりにそんな気持ちになり、私は、その時の自分が機械のように無感情、無感動になっていたことに気づきました。そんな自分が嫌で、EXPCに入ることで「自分を変えたい」とも思いました。



[編集部] 入会されてからはいかがでしたか?


[松下さん] EXPCで色々なことを学び、活動する中で、自分がそれまで、物事に対して深く考えていなかったことに気づきました。とても淡白というか、浅い部分でしか物事を見ていなかったというか、例えば、花を見ても「キレイ」、星を見ても「キレイ」、という、そんな感じです。

でも、人生愉しむ目線を気づかせてもらってからは、花に話しかけたり、花に触ってみたり、花が気持ち良い環境にしてあげたいと周りを掃除してみたり、花がより良い環境にいられるよう模様替えしてみたりと、「キレイね!」でたった一言で終わっていたことから、それに関わる様々なことまで愉しめるように変わりました。たったそれだけのことで、人生がとても豊かになったことを感じています。


(モナコ公国で開催されたパーティのアペリティフを、EXPCメンバーと愉しむ松下さん / 写真右から2人目)



[編集部] 考え方を変えただけで、松下さんの世界が変わり始めたのですね。EXPCに入会されてから、松下さんが一番大きく変わったと思うことは何ですか?


[松下さん] 私が一番大きく変わったと思うのは、自分に自信を持てるようになったことです。過去の私は、自分に自信がない時、言葉の節々にそれが現れてしまうことがあったのですが、そういうことがなくなりました。



そう思えるようになったのは、ダンス部やヨット部、音楽部の声楽科での活動、夏に訪れたモナコ滞在を通してのことでした。EXPCで学んだことを、それらの実践で経験を重ねることで、自分に自信を持てていなかったことは、自分自身を、本当に、本当に、生きにくくしていたのだと、わかったからです。

EXPCで教えてもらったことですが、そもそも自信なんて形があるわけでもなく、「自信を持つ」と決めたらいいだけのものだとわかりました。


(EXPC音楽部による「EXPC LIVE JAM」にヴォーカルグループを結成して出演した松下さん / 写真左)



[編集部] 自分で「自信を持つ」と決められたのですね!


[松下さん] はい。自分が、自信自分に自信がある自分になればいい。EXPCで、未来から流してその人格になればいい。ということが、わかりました。自信を持つことができる今、私は自分の人生が愉しくて仕方ありません!!



[編集部] 松下さんはEXPCでの活動を通して、素晴らしいものを得ていらっしゃるようですが、中でも特筆すべきことはありますか?


[松下さん] はい。EXPCで得られた全てのことがかけがえのないものですが、特にEXPCで得ることができた「仲間」の存在は特別です。EXPCで活動する中で様々なことを学び、「自信を持つ」と決めて行動していましたが、それでも何度も何度も繰り返し、自分の弱さにぶつかってきました。そんな時に、私に色んなことを気づかせてくれて、先へ進むきっかけを作ってくれたのは、共に過ごすことの多い愛知地区の仲間でした。上辺だけの付き合いではなく、相手の心に一歩踏み込んでいくってなかなかできることではないと思います。でも、私は一歩踏み込んでくれる仲間に支えられました。だからこそ、自分も仲間にとってそうしていきたいと思っています。



[編集部] 松下さんの、これからの夢や想いがあれば教えていただけますか?


[松下さん] 私は、EXPCに入って考え方を学んだことで、「人生を愉しみ尽くす」と決めました。それ以降、どのようなことがあっても、何事に対しても愉しいと感じれるようになりました。考え方一つでこんなにも生きる事が愉しめるようになるとは思ってもいませんでした。私の周囲の(EXPC以外の)人たちからは「いつもキラキラしてるね!」と言われます。そう言ってもらえることは純粋に嬉しいですし、私自身も自分が変化している事がわかるので、「もっと、もっと」とさらに成長したいという気持ちが出てきます。


(ヨット部に所属し、ディンギーヨットの操船を愉しむ松下さん)


ですので、今よりもっとたくさんの人たちにEXPCを知って欲しいし、仲間になってEXPC基準で人生を過ごしてもらいたいと思っています。なぜなら、そうすることで、もっと人生を愉しみ尽くせる事がわかっているからです。

日本人がこの考え方に基づいて行動すれば、日本は変わると思っています。だからこそ、私ももっとパワーアップして活動していきます!