岡野真美さん / Lifestyle Coordinator、model、慈善団体アミチエジャポン理事


[編集部] 岡野さんがEXPLORERS CLUB(以下、EXPC)に出会ったきっかけは何ですか?


[岡野さん] とても尊敬していた女性から、EXPC創設者である加藤学さんのランチセミナーの案内をいただきました。もう数年前になりますが、その時に届いた一枚の写真があまりにもカッコ良くて、ビビっと来たのです。

「お話を聞きたい!」と思ったのですが、その時私は参加せず主人に行ってもらいました。モナコで大成功してる方なら私より主人に会わせたいと思ったのです。


[編集部] ランチセミナーを受講されて、ご主人はいかがでしたか?


[岡野さん] 主人がとても興奮していて、加藤学さんのことを、「今まで会った経営者や成功者とは全く違う、次元の違う人だった」と話していたことを覚えています。それで、次に会うにはどうしたら良いだろうと考え、加藤学さんをインターネットで検索してみつけたのが、EXPCだったのです。ここに入れば、加藤さんにまた会える。凄いチャンス!と、主人と話をし、主人が入会しました。


[編集部] 岡野さんご自身はご入会されなかったのですね。


[岡野さん] ええ、その頃の私は、ミス・ユニバースを排出した有名な方のスクールの講師になることができて、それなりに充実した毎日を過ごしていたのです。だから、まずは主人が、と思ったのです。


(EXPCに入会される前の岡野さんご家族)



[編集部] EXPCに入会しようと思ったのはなぜですか?


[岡野さん] 私の毎日はそれなりに充実はしていたけれど、「それなり」だったのです。どことなく物足りなさを感じていて、何かが違うと思うけれど、何をどうすれば良いかわからなかった。

そんな中、主人はクラブの活動を通じて加藤学さんに会うために頻繁にモナコに行くようになり、モナコや世界の富裕層を通して美しい景色を沢山みることでどんどん変わっていきました。毎日会っている私から見てもすごいスピードで素敵になっていくのです。その姿を見て、「私も一緒に同じ景色を見て変わりたい」と思い、主人から遅れて1年後に入会しました。


(岡野さんご夫妻の人生を大きく変えた加藤学さんとモナコのパーティで)



[編集部] 実際に入会されてからはいかがでしたか?


[岡野さん] 漠然と「もっと素敵になりたい」「もっと上に行きたい」と思いながらも、実際には、どうしたらいいかわからず悶々と迷っていた私でしたが、クラブで加藤学さんが見せてくれる世界に圧倒されました。

何よりすごいと思ったのは、加藤学さんが見せてくれる「異次元の世界」に私たちメンバーも一緒に参加できるチャンスがたくさんあるということでした。

私は「美しいこと」を経験したいと、加藤学さんが呼びかけてくれたイベントやパーティにも積極的に参加するようになりました。驚くような景色を見たり、それこそ、「映画みたい」と思うような世界のまさにその中に自分がいる、そんなことが当たり前のようになってきました。



[編集部] 具体的にはどのようなご経験をされましたか?


[岡野さん] 加藤学さんが招待されたベオグラード王室の舞踏会に他のEXPCメンバーたちと一緒に出席させていただいたことがありました。


その王宮で行われるパーティではエンターテイメントの一つとしてドレスショーが行われたのですが、なんとそのショーに、モデルとして参加しないかと声をかけてもらえたのです。私は迷わず「Yes」と答えました。



そのショーは、ヨーロッパの富裕層御用達のイタリアのドレスデザイナーのものでした。私のためにドレスを選んでもらい、当日は外国人モデルたちとランウェイを歩きました。しかもこの時、私はトリを務めさせていただきました。



この他にも、ドレスを着る人生が日常になったり、モナコーロシア間を数日間かけてクラシックカーで走破するラリーに参戦したこともあります。



クラシックカーの特性をご存知の方にはお分りいただけると思うのですが、これはなかなかにダイナミックで壮絶なラリーでした。博物館に展示されていてもおかしくないようなクラシックカーで数千キロを走るのですから(笑)。




道中で頻発するカーアクシデントなども想定しながらのラリーで、日本ではちょっと考えられないようなプロジェクトでした。ロシアでは安倍首相とお会いしてお話しすることが出来たりと、それまでの私の世界のだけで生きていては想像もつかなかったような凄いことが沢山起こりました。


[編集部]  確かに、それはインパクトがありますね!


[岡野さん] はい。でも一番変わったことは、モナコへ移住したことです。



[編集部] 「モナコへの移住」って、人生の大変革ですよね?



[岡野さん] ええ。モナコの美しい景色に魅せられて、私が生きていく場所はここしかないと思い、モナコに移住することを決めました。そしてその1年後、2019年の5月に家族で移住したのです。主人は仕事もあるため、日本とモナコを行き来する生活ですが、現在は2人の子供と一緒にモナコに住んでいます。


[編集部] モナコでの生活はいかがですか?


[岡野さん] 私は日本大好きで、昔は休日には家族で温泉に行って愉しむような人生でしたから、モナコ移住はとても大きな変化でした。環境も違いますし、文化も生活習慣も、言葉全く違いますから、そんな中で生きていくことは、まるで家族揃って生まれ変わったような毎日です。


モナコにEXPCが所有しているクラブハウスにはプールもありますので、夏は度々ヴィラを訪れ、家族でのんびり過ごしています。




昨年の長男の誕生日にはパリでお祝いをしたり、カウントダウンはモナコのオテルドパリで家族でディナーを愉しんだり、今の環境だからこそ経験できることを愉しんでいます。




また、今年の夏は、新しくできたパリにあるEXPCのクラブハウスへ行くために主人も日本からやってきて、家族揃ってパリへ行きました。


車で移動しましたので、途中でロマネ・コンティの葡萄畑を見に行ったり、数百年の歴史を持つシャトーに宿泊したりと、「美しい景色」を家族で沢山見ることができるなど、EXPCに入会したおかげで、自分たちの創造を遥かにこえる素敵な日々をすごしています。




[編集部] それは素晴らしい毎日ですね!

 EXPCに入って人生を変えられた岡野さんが、EXPCを通して学んだことや、好きな言葉や考え方があればお聞かせいただけますか?


[岡野さん] はい。「美しいが最上位概念」という、この言葉です。この言葉を聞いて、私にとって、美しく生きることが人生の目標になり、「私が生きる軸」となりました。美しく生きることが日々の目標になり、目の前が明るく輝きました。


『人生で一番大切なのは、「どれだけ美しい景色を見たか」である』


これは、加藤学さんの講演会で聞いた言葉です。聞いたときはその言葉が持つ深い意味を正しく理解することはできませんでしたが、実際にEXPCで活動していくにつれて、その言葉の持つ意味を理解できるようになってきました。

この言葉を聞いてから子供たちにも美しい景色を見せることがとても大切だと思い、さらにモナコに住みたいという気持ちが強くなったのです。そして実際に、加藤学さんが見せてくれる景色は、私の人生をとても豊かにしてくれています。




[編集部] なるほど。「美しい」ということや「美しい景色を見る」ということは、必ずしも日本の社会の中で重要には考えられていませんよね。でもお話を伺っていると、まさにEXPCならではの言葉であり考え方であり、大きな意味を持つものなのだと感じます。岡野さんが好きな言葉は他にもありますか?


[岡野さん] はい。 「一人では見れない景色を一緒にみよう」という言葉です。

美しい景色を自分だけでみるのでなく、仲間と一緒にみることでその景色がさらに美しく輝くのです。今、自分はその場に行けないけれど仲間がその美しい景色をシェアしてくれることで、その美しい景色を共有できたり、また誰かが何かにチャレンジしている時に見せてくれる景色だったり、それを応援することで見えてくる景色だったり、自分一人で生きているだけでは到底見ることができない景色がある、ということも痛感できる言葉であり、私にとっては、「メンバーみんなにこの美しい景色を見せたいと」思うことも大きな目標になって、パワーが出てきます。

「一人では見れない景色を一緒にみよう」が人生のスローガンになって、仲間がいる事が人生を豊かにしてくれる、そのことに気づかせてくれるから大好きです。


[編集部] 今世界的に新型コロナウィルスの感染が心配される中ですが、こんな時期にEXPCにいてよかったと思うことはありますか?


[岡野さん] 私はモナコで“ロックダウン”を経験しましたが、インターネットで繋がっているEXPCの仲間がいたおかげで皆の顔を見ることができ、一人ではないと思えることが大きな力になりましたし、加藤学さんが常に最新の情報を共有してくださるので安心できました。



また、EXPCキッズ部長である長男が、日本全国にいるEXPCのキッズ向けに、オンライン配信を通したお料理教室を開催できたことも、とても良い経験になりました。




[編集部] 岡野さんはご主人とお子様と、家族ぐるみでクラブ活動に参加されていますね。最後に、ご家族でのEXPCの活動についてお聞かせいただけますか?


[岡野さん] 私達は、主人と2人の子供と4人家族でEXPCメンバーです。家族みんながEXPCが大好きで、長男も長女もEXPCメンバーの皆さんに大切にしてもらっています。本当の家族のように接してくれるのがとてもありがたいです。



夫婦で参加できることは、「夫婦で美しい景色を見ることが人生で一番大切であり、美しく生き人生を愉しみ尽くす」と決めている私たちにとって、同じものを目指すことができているので愉しいです。


また、子育てについても、「子どもたちにどれだけ美しい環境を与えられるかがとても重要」だとEXPCに入って気づいたことが夫婦で一致しているのでお互いにブレることがなく、良いと思ってます。モナコに移住することが実現もできたのも、そういった夫婦の思いが同じであったからだと思っています。


主人は日本を行ったり来たりですが、EXPCの仲間全員と繋がっているので寂しく感じませんし、EXPCで愉しく遊んでいる主人の姿をEXPCメンバーが共有しているSNSなどでいつも見ることができるも愉しみです。夫婦の話題も尽きませんし、お互いに成長し続けることができることもとても良いと思います。


何より、夫婦はもちろん、子供たちとの愉しみ方も、以前とは比べ物にならないほど日々豊かに広がっていて、家族でEXPCに参加することができていることを心から嬉しく思っています。




EXPLORERS CLUB

EXPLORERS CLUB 「もっと」を目指す人のための会員制クラブ